Kayumanis at Nusa Dua .エントランスからプールサイド / bali2007 part.3

f0079995_12163097.jpg

ヌサドゥアは、政府主導で開発された一大リゾート地区。
バリ島固有の割れ門を模したゲート内は、観光客と施設従業員しか入れない。
もちろん、ビーチには、物売りやマッサージのおばちゃんたちがいるんだけどね。
そんなにしつこくはないので、あまり気にならない。
誰でも知っている、大型資本の有名ホテルが立ち並び、
私もそうだったが、はじめてツアーでバリを訪れる人の多くは、ヌサドゥアに宿泊するのではないでしょうか。
治安も良く安心して過ごせるが、逆にバリらしさはあまり感じられないのは仕方のないところ。

というわけで、久々のヌサドゥア。
今回は、いちもにもなく、ただカユマニス・ヌサドゥアに宿泊することだけが目的だった。
あまりにたくさんの写真を撮ってきたので、全部は紹介できないが、
それでもかなりの数があるので、何回かにわけて掲載したい。
バリに興味のある方はもちろん、興味のない方にものんびりした気分を感じていただければと思う。
今回は、エントランスからプールまでの写真を。

f0079995_12154468.jpg

エントランスはあっさりしている。部屋数が20室くらししかないから、特に困らないけど

f0079995_12155689.jpg

エントランス脇にあるオブジェ。
お顔と手・足が金色。この辺の色使いもモダンな感じ
f0079995_1216479.jpg


f0079995_12161143.jpg

毎週1回夕方、プールサイドでガムラン演奏を聞きながらアフタヌーンティーをいただけるんだとか。
演奏体験もできるそうだが、私たちが宿泊した日はその日ではなかったらしい。
が、ガムラン演奏のおじさんたちがいたので、記念に写真を

f0079995_12162168.jpg

レストランやヴィラに向かう通路。両側に小さな池が並ぶ。
右側のアクリル?の壁の向こう側にパブリックプールがある

f0079995_12163894.jpg

各ヴィラにプライベートプールがあるので、パブリックプールに人はいない。
デザインとしてははきれいだが、
中央にある木々からしきりに葉が落ちてくるので、掃除もたいへんだと思う。
ここで泳ぐ人がいないのは、その辺が原因かも。
さすがの私もここで浮かぶ気にはならなかった

次回は、レストラン編をおおくりします。
長老
[PR]
# by cho-o-roo | 2007-06-10 12:53 | 長老の旅 bali2007

Let's go to see the sunrise.散歩に出掛けよう / bali2007 part.2

f0079995_17421482.jpg

f0079995_17422488.jpg

f0079995_17423286.jpg

f0079995_17424069.jpg

f0079995_17424866.jpg


東京からバリ島に出掛ける場合は、
主に、JALとガルーダの2つの航空会社の中から選択することになります。
JALは往復直行便ですが、
ホテルにチェックインすると、もう真夜中なので初日はまったく何もできません。
ガルーダは復路が直行便ではないものの、
午前中に東京をでるため、バリ島には夕方到着することができます。

今回は、久々にガルーダを利用したため、初日からのんびり。
おかげで目覚めも爽快で、早朝散歩に出掛けました。
朝日を見るのは何年ぶりか?
いや、こんなに能動的に日の出を見るのは、はじめてかも。

さあ、朝の散歩に出掛けよう。バリにいる時くらいは。

photo: ヌサドゥアビーチから 日の出の様子
[PR]
# by cho-o-roo | 2007-06-03 17:45 | 長老の旅 bali2007

Wonderful scenery in Bali. 好きになった理由 / bali2007 part.1

f0079995_19342598.jpg



バリを初めて訪れたのは、もう10年以上も前のこと。

一瞬にして虜になった。ロビーから見下ろす景色。
池の向こうに、鮮やかな植物、青い空、広がる海。
今回、再訪してみてあの時の気持ちがよみがえった。

photo: グランドハイアットバリ ロビーから海を臨む
[PR]
# by cho-o-roo | 2007-06-02 19:39 | 長老の旅 bali2007

路地の先に黄金の輝き/冬、京都で。その十壱「西陣・ドラート」

f0079995_1611832.jpg

西陣界隈は、細い路地にお店やお寺が点在していて散歩するのにちょうどいい。
慌しく観光地を巡るのではなく、
地図を睨んで散策というより、
お喋りしたりしながら、ゆったりとした歩むスピードがぴったりである。
この日はとても寒かったから、そんなにゆったりできなかったけれど、
ゆっくりまた訪れてみたい町だった。
f0079995_16112527.jpg

f0079995_16113981.jpg

三上長屋という名の路地に、その店はある。蜂蜜「ドラート」。
よくロケなどで利用されるそうで、とても雰囲気のある路地。
置かれている自転車や鉢植えもなんかいい感じを醸し出してます。
蜂蜜やさんというとデパートや現代的な(または西欧的な)お店という印象が強いためか、
この路地にひっそりと佇むお店が妙に新鮮。
いろんな種類の蜂蜜が並ぶ光景は美しく、見ているだけでうれしくなる。
f0079995_16122219.jpg

f0079995_16121453.jpg

[PR]
# by cho-o-roo | 2007-03-17 16:18 | 長老の旅 京都2007