カテゴリ:長老の旅 bali2007( 10 )

We enjoyed the bathtime in a lovely bathtub. フォーシーズンズ・ジンバラン2 / bali2007 part.10

f0079995_12481188.jpg

前回に続いて、ベッドルーム棟をご紹介。
1ベッドルームヴィラは、広さもつくりもほとんど同じで、海が見えるかどうかでお値段が違います。
プールに続く通路を挟んで、リビングスペースとベッドルームが左右に配置されています。
f0079995_12482130.jpg

両開きの扉を開くと、蚊帳つきのベッドが。
f0079995_12483041.jpg

角度調節が出来る読書灯が、両サイドについているのは便利。
f0079995_12483914.jpg

ベッドルームの奥には、バス・洗面・トイレの水まわりがあります。
f0079995_12484730.jpg

いろいろな本やサイトで見ていたのですが、
なんといっても気に入ったのは、この形の変わったかわいらしいバスタブ。
カユマニスのような石造りの埋め込み式も良いのですが、
この曲線が柔らかで、年月を経てなじんでいる感じが落ち着きます。
f0079995_1248557.jpg

中庭には屋外シャワーがついてます。
屋外でシャワーを浴びるのはとても気持ちが良いのですが、プールから直接行けないのは残念。
もともとは小道があったようなつくりなのですが、今は木や草が生い茂っていて、
部屋を経由しないと行けません。
f0079995_1249412.jpg

ふたりそれぞれに使える洗面台があるのは便利。
f0079995_12491271.jpg

キャンドルを灯してバスタイム。
f0079995_1249221.jpg

ジェルが入ったこの枕の感触がすばらしく、家にも欲しくなった。
お香やキャンドル、量は少ないけれどフラワーバス(初日だけ)サービスもあり、
ゆっくりのんびり、時間のたつのを忘れて思いっきり長湯できます。
お風呂好きな方には、このバススペースは特におすすめ。
f0079995_124931100.jpg

ターンダウンサービスもあり。
おやすみなさい。長老
[PR]
by cho-o-roo | 2007-08-25 23:46 | 長老の旅 bali2007

All things requested from the resort are here. フォーシーズンズ・ジンバラン1 / bali2007 part.9

f0079995_14264826.jpg

*yagi-ya*の旅は、ゆったりのんびり。

通勤に休憩時間、寝る前と、常に音楽と本がない生活は想像がつかない私ですが、
旅行に出たときは、ほんとうに何もせず、唯々ぼけっーとしています。
本の準備は、もちろん怠りなく出掛けるのですが、
帰国後、最初から読み返さないとわからない場合がよくあります。

リゾートに求めるもの。
それは私の場合、「栞の移動距離」に反比例しています。
本も読まずにボーとしていられる時間が長ければ長いほど、満足度も高いと言えるでしょう。

さて、今回の旅もその「ぼけー」を目指してホテル選び。
前半がモダンなヴィラ「カユマニス」だったので、後半は老舗の「フォーシーズンズ」に決めました。
写真がたくさんあるので、何回かに分けてご紹介。

f0079995_1427577.jpg

f0079995_14271374.jpg

ようこそ、ヴィラへ。こましゃくれた感じのオブジェがお出迎え。
f0079995_14272177.jpg

f0079995_14273234.jpg

前方がプライベートプール。左がリビングスペース、右がベッドルーム。(配置は部屋によって若干異なるようです)
f0079995_14274194.jpg

f0079995_14281281.jpg

さすがに日中は暑い。ウブドのようにリビングスペースでのんびりというわけにはいきませんね。
f0079995_14282779.jpg

f0079995_1428484.jpg

宿泊したヴィラを下の通路から見上げた感じ。
丘の上に何層にもずらしてヴィラが立ち並んでいるため、通路からはプールが見えちゃったりします。
わざわざひとんちのヴィラを覗き込む人もいないでしょうが。
f0079995_14395741.jpg

[PR]
by cho-o-roo | 2007-08-04 14:47 | 長老の旅 bali2007

Soap & 1,000 Rp. 石鹸のなかから / bali2007 part.8

f0079995_1625858.jpg

最近、とっても驚いた話を。
バリ島のお土産にはいろいろあると思うのですが、
上の写真はハーモニー・フルーツ・ソープという、とても濃厚な香りの石鹸です。
メロン・桃・ストロベリーなどなど。
観光客向けのお土産やではなくて、地元っ子が利用するスーパーで1,000ルピアくらいで買えます。
1,000ルピアというと、日本円で13~14円でしょうか。
バリの自然派石鹸ではなくて、チープな感じ(実際に安いんですが)がよくて、
友人何人かに差し上げたのですが・・・。

なんと、石鹸のなかから 1,000ルピア紙幣が!!
f0079995_1633475.jpg

最初は、おみくじかなんかかと思ったよ・・・と友人。
石鹸の中に埋め込まれた、ビニールのようなものに包まれた紙を広げてみると、
紙幣ではありませんか!
上の写真を見ていただくとわかるのですが、
二つ折りにしてから、くるくる巻いてある形跡が見て取れます。
上のほうは水分でよれてるし。

こんな直接的な懸賞ってあるんでしょうか?
「当たり」ってことだよねえ。
1,000ルピアってことは、購入金額と同じだし、
当たり棒をお店に持ってかなくても済むってことか?

おそるべしバリ!
まだまだ知らないバリがいっぱいです。
長老
[PR]
by cho-o-roo | 2007-07-08 16:21 | 長老の旅 bali2007

Afternoon tea on the pool side. 泳ぐ。浮く。食べる / bali2007 part.7

f0079995_14202930.jpg

アカシアのベッドルームからは、直接プールに入ることができる。
ラグーンプールに部屋のベランダから行けるホテルはよくあるけど、
ヴィラでは初めての体験だったので、おもいきり楽しんだ。
f0079995_14204390.jpg

朝方撮った写真なのでちょっと暗いが、ベッドルームの窓を開け放ったところ。
f0079995_14241865.jpg

とりあえず、浮いてみる。
f0079995_14224848.jpg

プールサイドにある椰子の樹。そびえ立ってます。
f0079995_14221446.jpg

ある日のアフタヌーンティー。
f0079995_14222356.jpg

f0079995_14223184.jpg

[PR]
by cho-o-roo | 2007-07-01 14:32 | 長老の旅 bali2007

Canopy bed and the outdoor shower are also pleasant. 天蓋ベッドと打たせ湯 / bali2007 part.6

f0079995_13184812.jpg

私たちが宿泊したのは、Lタイプのヴィラ。
リビングとベッドルーム&水周りが別棟になっているタイプです。
部屋に入ると、右側にベッドルームが、左側にバスルームが配置されています。
まずは、ベッドルーム。
カユマニスはヴィラごとにデザインやインテリアが違うということですが、
天蓋ベッドなのはどのヴィラも同じ。
やっぱり、バリに来た気分になります。
f0079995_13364955.jpg

ルームキーはお洒落?だけど、嵩張って持ちにくい。番傘?みたいな傘もあります
f0079995_13184141.jpg

テレビと冷蔵庫(フリードリンク)は木製の収納に収まっている。
ただし、この部屋のテレビはベッドからはとても見にくい。まあ、リゾートに来てテレビ見る気はあまりしないけど。
f0079995_1318569.jpg

デスクと花に添えられたメッセージ。
f0079995_1337068.jpg

f0079995_1319392.jpg

この部屋のシンクは一つしかないので、特に使い勝手が良いわけではない
f0079995_13191158.jpg

この屋外シャワーが最高に気持ちよい。
部屋の配置上、プールからそのまま行けるわけではないけれど、
太陽の光を浴びながら、打たせ湯のような感じで水(お湯)がドバっと落ちてくるのはなんとも言えません。
f0079995_13192632.jpg

バスルームは半屋外。虫とか心配な人は厳しいかもしれません。
でも、もともと私も虫嫌いですが、バリではわりと平気です。
キャンドルを灯して入浴するのは、開放感があって気持ちいいものです。
f0079995_13191890.jpg

バスルーム日中と夜の比較。
バスタブ、トイレ&シャワーブースに仕切りはありません。
f0079995_13193315.jpg

シャンプー・コンディショナーなど。シナモンが香るカユマニスならではのアメニティです。
f0079995_1319393.jpg

ターンダウン後のベッド。ガウンとメッセージが置かれています。
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-24 14:12 | 長老の旅 bali2007

AKASIA is a name of Villa. Lシェイププールアクセス / bali2007 part.5

f0079995_17271532.jpg

カユマニスには、20室ほどのヴィラが立ち並ぶが、
ヴィラ内のレイアウトと室内のインテリア(テーマ)が部屋ごとに異なり、
何度でも行きたくなるような楽しさがある。

ヴィラ内のレイアウトの違いは、リビング棟とベッドルーム、そしてプールの配置の差で、
大きく分けて次の3種類。
Iシェイプヴィラ : リビングと寝室が同じ棟。縦長のヴィラ
Lシェイプ・プールアクセス : リビングと寝室が別。部屋から直接プールに入れる
Lシェイプ・ノンプールアクセス : リビングと寝室が別。プールと部屋が離れている

また、それぞれ異なるテーマにあわせてインテリアがセレクトされているので、
趣きも随分違うのではないか。
ちなみに部屋のテーマは、バリ、モダン、ジャワ、オリエンタルなどがあるとのこと。
私たちが宿泊したときは、シーズン外れなのに満室だったらしく、
他の部屋を見学できなかったのは残念。

f0079995_17272790.jpg

今回宿泊したのは、アカシア。
部屋番号ではなく、植物の名前になっているところも親しみが湧いてきます。
日本人にはIシェイプの部屋が人気、とはホテルスタッフの話だが、
別棟のほうが気分が変わるし、部屋からプールになんてのも楽しそうだから、
リビングとベッドルームが別棟になった、Lシェイプ・プールアクセスをリクエストした。

f0079995_17273633.jpg

Iシェイプのプールの方が広そうだと思っていたが、
このくらいあれば、部屋のプールとしては十分。
「陽もあたるし、おすすめ」とスタッフにいわれたが、なるほど気に入りました。

f0079995_17274682.jpg

ヴィラによくある半屋外というわけではないので、閉鎖的な感じもするが、
ヌサドゥアは暑いから、エアコンがきくのは結構うれしい。
f0079995_1728423.jpg

f0079995_17281263.jpg

家にこんなリビングがあったらいいな。
仕事にも出掛けず、ずっと家に引きこもることでしょう。
f0079995_17282023.jpg

f0079995_17275579.jpg

ウェルカムフルーツってたいてい貧相な感じですが、
アクア(ミネラルウォーター)以外にも冷蔵庫内のドリンクも無料だし、太っ腹です。
f0079995_17282813.jpg

簡単なキッチンコーナー。2泊しかしなかったので、利用することはなかった。
f0079995_17283547.jpg

カユマニス特製のクッキー。これもシナモンが入っていておいしい。
高いけど、お土産用に購入もできます。

長くなったので、ベッドルームの写真は次回。
長老
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-21 18:15 | 長老の旅 bali2007

Modern space on trees. 黒&緑のスタイリッシュレストラン / bali2007 part.4

f0079995_1784772.jpg

カユマニス・ヌサドゥアには、レストランが2つある。
メインダイニングのピアサンでは、ランチ&ディナーにイタリアンを、
アジアン料理のトゥタリングでは、朝食~夕食、またアフタヌーンティーもここで楽しめる。

カユマニスでは、当然ヴィラ内でも食事をとることが出来るのだけど、
写真に惹かれて、初日の朝食をここでとってからというもの、
すっかりお気に入りとなってしまった。

f0079995_1791928.jpg

メインダイニングのピアサン。右側に見える背の高い四角形の建物が入り口。
写真では見難いが、天井に池の水面が、黒曜石の床に竹や木々の緑が映りこみ、美しい

f0079995_1793951.jpg

↑レストランとラウンジへ通じる入り口。緩やかなスロープを登っていく↓
f0079995_179474.jpg


f0079995_17365576.jpg

スロープを登ったフロアに位置するラウンジ。
モダンでよい感じの空間だが、滞在中、ほかの宿泊者の姿は見なかった
f0079995_1737949.jpg


f0079995_1795589.jpg

ピアサンを後ろ側からみたところ。
階段を下りると、ピアサンとトゥタリングのエントランスに

f0079995_1710912.jpg

お気に入りのトゥタリング・レストラン。
朝食はヴィラでとる人が多く、利用者はあまりいない
f0079995_17523446.jpg

ルームサービスでとる朝食はリッチな気分が味わえるけど、
せっかくのんびりしに来ているのに、翌日の時間を決めるというの(拘束されてる感)が嫌で、
わが家はわりとレストラン派。好きな時間にぶらっと行けるから。
ただ、ヴィラへのデリバリーが集中する時間に居合わせると、相当待たされることになるのがちょっとね。
でも、どうせ一日中のんびりしているだけだから、あんまり腹はたたないけど。
ここはバリだしね

f0079995_17101917.jpg

毎日、オーダーしたカユマニストースト。
カユマニス版フレンチトースト。シナモンテイストで、これが非常においしい
f0079995_17102644.jpg

パンケーキもかわいく三段。ミニサイズなので小食の*yagi-ya*にぴったり

次回は、ヴィラの様子をご紹介します。
長老
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-17 18:00 | 長老の旅 bali2007

Kayumanis at Nusa Dua .エントランスからプールサイド / bali2007 part.3

f0079995_12163097.jpg

ヌサドゥアは、政府主導で開発された一大リゾート地区。
バリ島固有の割れ門を模したゲート内は、観光客と施設従業員しか入れない。
もちろん、ビーチには、物売りやマッサージのおばちゃんたちがいるんだけどね。
そんなにしつこくはないので、あまり気にならない。
誰でも知っている、大型資本の有名ホテルが立ち並び、
私もそうだったが、はじめてツアーでバリを訪れる人の多くは、ヌサドゥアに宿泊するのではないでしょうか。
治安も良く安心して過ごせるが、逆にバリらしさはあまり感じられないのは仕方のないところ。

というわけで、久々のヌサドゥア。
今回は、いちもにもなく、ただカユマニス・ヌサドゥアに宿泊することだけが目的だった。
あまりにたくさんの写真を撮ってきたので、全部は紹介できないが、
それでもかなりの数があるので、何回かにわけて掲載したい。
バリに興味のある方はもちろん、興味のない方にものんびりした気分を感じていただければと思う。
今回は、エントランスからプールまでの写真を。

f0079995_12154468.jpg

エントランスはあっさりしている。部屋数が20室くらししかないから、特に困らないけど

f0079995_12155689.jpg

エントランス脇にあるオブジェ。
お顔と手・足が金色。この辺の色使いもモダンな感じ
f0079995_1216479.jpg


f0079995_12161143.jpg

毎週1回夕方、プールサイドでガムラン演奏を聞きながらアフタヌーンティーをいただけるんだとか。
演奏体験もできるそうだが、私たちが宿泊した日はその日ではなかったらしい。
が、ガムラン演奏のおじさんたちがいたので、記念に写真を

f0079995_12162168.jpg

レストランやヴィラに向かう通路。両側に小さな池が並ぶ。
右側のアクリル?の壁の向こう側にパブリックプールがある

f0079995_12163894.jpg

各ヴィラにプライベートプールがあるので、パブリックプールに人はいない。
デザインとしてははきれいだが、
中央にある木々からしきりに葉が落ちてくるので、掃除もたいへんだと思う。
ここで泳ぐ人がいないのは、その辺が原因かも。
さすがの私もここで浮かぶ気にはならなかった

次回は、レストラン編をおおくりします。
長老
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-10 12:53 | 長老の旅 bali2007

Let's go to see the sunrise.散歩に出掛けよう / bali2007 part.2

f0079995_17421482.jpg

f0079995_17422488.jpg

f0079995_17423286.jpg

f0079995_17424069.jpg

f0079995_17424866.jpg


東京からバリ島に出掛ける場合は、
主に、JALとガルーダの2つの航空会社の中から選択することになります。
JALは往復直行便ですが、
ホテルにチェックインすると、もう真夜中なので初日はまったく何もできません。
ガルーダは復路が直行便ではないものの、
午前中に東京をでるため、バリ島には夕方到着することができます。

今回は、久々にガルーダを利用したため、初日からのんびり。
おかげで目覚めも爽快で、早朝散歩に出掛けました。
朝日を見るのは何年ぶりか?
いや、こんなに能動的に日の出を見るのは、はじめてかも。

さあ、朝の散歩に出掛けよう。バリにいる時くらいは。

photo: ヌサドゥアビーチから 日の出の様子
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-03 17:45 | 長老の旅 bali2007

Wonderful scenery in Bali. 好きになった理由 / bali2007 part.1

f0079995_19342598.jpg



バリを初めて訪れたのは、もう10年以上も前のこと。

一瞬にして虜になった。ロビーから見下ろす景色。
池の向こうに、鮮やかな植物、青い空、広がる海。
今回、再訪してみてあの時の気持ちがよみがえった。

photo: グランドハイアットバリ ロビーから海を臨む
[PR]
by cho-o-roo | 2007-06-02 19:39 | 長老の旅 bali2007