<< はじめての沖縄8 ブセナコテー... ヤギはなんでも食べる はじめて... >>

はじめての沖縄7 ブセナテラスコテージにて

f0079995_17295828.jpg

旅行のスタイルは、人それぞれ。
いろんな旅の楽しみ方があると思うが、我が家の旅はのんびり旅行。
観光やショッピングにダイビング、レストランやカフェをはしごして・・・。
時間を気にして、綿密にスケジュールを組んでってのは、
どうも仕事の延長のような気がして駄目。

せっかく非日常を求めてやってくるのだから、
なるべく時間を気にしないで、予定もたてないで、何かしたくなったら腰をあげる。
ってのが理想なんだが、そこはやっぱり貧乏性。
時間はやっぱり気になるし、何かしないともったいないような気もしてしまう。
これ以上、どうやってのんびりするんだと家の者には叱られそうだが、
ぼ~としたい欲は果てしない。

f0079995_17362672.jpg

さて、今回の旅行のメインイベントであるクラブコテージ。
初日はホテル棟に宿泊したので、外出している間に荷物をコテージに運んでもらう。
外出から帰ると、クラブコテージにて再度チェックイン。
こちらは、事前にデータを送ってあるので、チェックインも簡単にすむ。
ちょうどアフタヌーンティーサービスの時間なので、甘いものなどいただく。

ふつうのクラブフロアと違い、コテージはホテル棟から離れたところにあるため、
カートで送迎のサービスがある。
エントランスのスタッフに言えばすぐに用意してくれるし、
部屋からは電話しておくと時間通りに迎えに来てくれる。
人によっては面倒くさいということもあるだろうが、
非日常を楽しむのにはこういうこともあったほうが楽しめる。

私たちが宿泊したのは、スーペリアスイートというカテゴリーの部屋。
小さいながらも、プライベートプールがついている。
今回の予定をたてていた時点では、ネットで探しても写真を掲載している方が少ないし、
どのくらいの広さなのかもよくわからない。
また、昨年宿泊したバリのロイヤルピタマハがあまりによかったため、
国内だから比較してもがっかりするのではと、期待と不安半々くらいだったろうか。

結論からいうと、まあまあ。
期待していた程ではなかったが、期待はずれでもなかったという感じ。
たぶん、ここが初めて来たリゾートだったら感動したに違いない。
でも、そこはそれ。
ホテルのスタッフが帰っていくと、さっそく部屋の探索をはじめた私であった。

f0079995_17302452.jpg

私たちが泊まった部屋はルームナンバー1001。敷地のいちばん外れにある。

f0079995_17304053.jpg

門の横にはシーサーが。

f0079995_17305773.jpg

入ったところにリビングスペースがある。お茶のセットなどもここに。

f0079995_17312555.jpg

ウェルカムフルーツ。手洗い用の水にはレモンが浮かぶ。

f0079995_1731382.jpg

リビングとベッドルームを仕切る収納棚。オーディオセットも置いてある。

f0079995_17315250.jpg

棚と背中合わせにベッドが置かれている。窓の外に見えるのはデイベッド。

f0079995_1732489.jpg

部屋の鍵。ホテル棟の鍵は魚のアクセサリーがついていたが、こちらは貝の形。

f0079995_17321741.jpg

ベッドルームのミラーもホテル棟とは違って、アジアンな感じ。

f0079995_1732279.jpg

ベッドルームからバススペースを望む。

長くなったので、残りの写真は次回アップします。
また、どうぞ。長老。
[PR]
by cho-o-roo | 2006-06-25 17:38 | 長老の旅 沖縄2006
<< はじめての沖縄8 ブセナコテー... ヤギはなんでも食べる はじめて... >>