<< 泳ぐ。浮く。楽しい。 はじめて... 悠久の時に想いをはせる 万座毛... >>

空想より素晴らしいブセナテラス はじめての沖縄3

f0079995_1912491.jpg

私の趣味は、「空想旅行」である。
今のところ、これに勝る楽しみはない。
実際に旅行に出かけるのも好きだが、
自分の頭の中で好きなように繰り広げられるリゾートライフは他にはかえがたい。
海外旅行に出掛けてはお腹をこわしてばかりいる私に、
「空想だけでやめておけば?」と家の者は言う。
外国語がろくにしゃべれないから単語を並べることしかできないし、
意外と小心者なので緊張ばかりしている。
家の者がそういうのも頷ける。

「空想旅行」の中での私は、もっぱら海外リゾートの高級ホテルでぼーとしている。
バリエーションがあるとしても、それがプールサイドであったり、海であったり、
おしゃれなレストランにかわったりと、たいした違いはない。
自分が他の人と比べて特にストレスの多い生活を送っているとは思わないが、
とにかくぼーとしたいのだ。
もちろん、いくら「空想」が得意な私でもすべてを頭の中で産み出せるわけはないから、
雑誌や写真集、ネットでの情報収集はかかせない。
一人でにやにやしている弛緩した顔は、とてもお見せできるものではないが。

さて、そんな「空想旅行」で世界各国を旅している私だが、
(主には経済的な理由で)実際には年に数回しかリアルな旅行には出掛けられない。
だから、なるべく「空想」の中で既に訪れたことのある高級ホテルに行く。
さて、今回の目的地は沖縄だ。というより、ブセナテラスである。

日本にもいろいろリゾートホテルはあると思うが、
ブセナがいいらしいという噂を聞いていた私は、いつかそこを訪れてみたいと考えていた。
どういう戦略か知らないが、ガイドブックにあまり登場しないのも興味をそそるところである。
だから、私に関して言えば(沖縄好きの人には叱られるだろうが)
ブセナテラスがたまたま沖縄にあったので、そこに行くことになったというのが正しい。
同行した家の者は沖縄自体に興味があったから、
若干思うところは違うものの目的地はあっさりと決定した。

今回からそのホテルの模様を、
施設編、プール・ビーチ編、ホテル棟ルーム編、クラブコテージ編にわけてお届けしたい。
興味のある方はご覧ください。

f0079995_192678.jpg

ブセナテラスというだけあって、ロビーを入ったこのテラスでチェックインを。
バリとかに行ったことのない人は、海と青空に感動するにちがいない
f0079995_1922218.jpg

テラスから見下ろすプールとプライベートビーチ
f0079995_1923441.jpg

ビーチ側の敷地内道路から見上げるホテル棟
f0079995_1924522.jpg

敷地は広いので、かわいい赤いシャトルバスが巡回している
f0079995_1925569.jpg

見過ごしがちだが、プールの脇を流れる小川。奥には岩場を流れ落ちる人口の滝が
f0079995_193681.jpg

鳥みたいな植物も。さすが南国
f0079995_1931665.jpg

ホテル棟のバルコニーから。泊まるなら海側の部屋がおすすめ
f0079995_1933126.jpg

これも部屋から見下ろしたプールとビーチ

次回更新は、プールとビーチ編をお届けします。お楽しみに
[PR]
by cho-o-roo | 2006-05-28 19:07 | 長老の旅 沖縄2006
<< 泳ぐ。浮く。楽しい。 はじめて... 悠久の時に想いをはせる 万座毛... >>